熊本・鹿児島・大分での貸切バスや送迎バスは

安全に対する取り組み 安全に運転している運転手

安全に対する取り組み

株式会社シグナル交通は、輸送の安全確保が最も重要であることを自覚し、輸送の安全向上に努めて参ります。

運輸安全マネジメント

1.輸送の安全に関する基本的な方針

①代表取締役・取締役・監査役等各役職にあっては、運送安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の確保に主導的な役割を果たす。
また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという認識を徹底させる。

②輸送の安全に関する計画の策定、実行、反省、改善(Plan Do Check Act)を確実に実施し、安全対策を不断に見直すことにより、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努める。

2.輸送の安全に関する目標と実績

令和4年度目標(令和4年4月1日~令和5年3月31日)

1)人身事故・重大事故ゼロの継続
2)物損事故ゼロ
3)後退時事故ゼロ
4)健康起因による事故ゼロの継続
5)飲酒運転の撲滅

令和3年度実績(令和3年4月1日~令和4年3月31日)

1)人身事故 0件
2)物損事故 2件
3)後退時の事故 2件
4)健康起因による事故 0件
5)輸送の安全に係る行政処分なし

3.事故に関する統計(自動車事故報告規則第2条に規程する事故)

令和3年度 0件

4.運送の安全に関する重点施策

1)関係法令及び安全管理規程の遵守
2)輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うように努める。
3)輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じる。
4)輸送の安全に関する社内において必要な情報を伝達し、共有する。
5)輸送の安全に関する教育及び研修を計画し、実施する。

5.輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置

1)運転者の適性診断の実施と指導
2)従業員全員の健康診断の実施
3)睡眠時無呼吸症候群検査の実施
4)脳MRI検査の実施
5)運行管理者の講習会受講
6)整備管理者及び補助者の講習会受講
7)運輸安全マネジメント講習会の受講(社長・安全統括管理者)

6.輸送の安全に関する組織体制

安全管理規程に定める別紙のとおり組織連絡体制を構築しております。

7.輸送の安全に関する教育及び研修計画

4月 事業用自動車を運転する場合の心構え
5月 事業用自動車の構造上の特性
6月 事業用自動車運行の安全及び旅客の安全を確保するための遵守すべき基本的事項
7月 健康管理の重要性
8月 旅客が乗降するときの安全を確保するために留意すべき事項
9月 乗車中の旅客の安全を確保するために留意すべき事項
10月 主として運行する経路又は営業区域における道路及び交通の状況
11月 危険の予測及び回避
12月 安全性の向上を図る為の装置を備える貸切バスの適切な運転方法
1月 交通事故に関わる運転者の生理的及び心理的要因及びこれらへの対応方法
2月 運転者の運転適性に応じた安全運転
3月 緊急事態対応(救急救命)
※毎月ヒヤリハットの共有と四半期に1度ドライブレコーダーによる指導を行います。

8.輸送の安全に係る内部監査の結果並びにそれに基づき講じた措置

年1回以上の内部監査を行い、是正措置を講じています。
今後、意味のある社員教育を構築し実行してまいります。

9.安全管理規程

別紙のとおり安全管理規程を制定し施行しております。

10.安全統括管理者

鹿児島営業所所長 福田 博文